THERMOS

サーモスの歴史 広告に見る近代の世相

  • サーモス創立の1904年から100年余り。 世界各地で実施した広告もブランドの歴史と同じように100年以上の歴史があります、 これらの広告からはその時々の著名人や世界情勢、世相など様々なことが読み取れ、非常に興味深いものです。 今回は1909年の11月に実施したクリスマスキャンペーン広告にスポットを当てます。

広告に登場する多くの著名人

この広告は全米を巡回していた宣伝車「サーモス号」をモチーフに当時の著名な政治家、 冒険家など、サーモス製品の愛用者達をコラージュ的に表現しました。
1909年当時の第27代合衆国大統領のウイリアム・タフトを始めとし、 日本でもお馴染みの26代大統領のセオドア・ルーズベルトもホワイトハウスで愛用していたと記録されています。
1900年代は極点探検も過熱しており、北極点到達を競ったピアリーとクック、 壮絶な南極探検から生還したシャクルトンもサーモスボトルを使用してます。
また、20世紀初頭は大空への憧れも強く、 ライト兄弟や飛行船で有名なツェペリン伯爵を登場させています。

世相や文化の流行も表現

1909年は日本の元号では明治42年。明治文化の熟成も更に進んでおり、ちまたでは「ハイカラ」が流行語になっていました。 ちなみに作家の太宰治氏や松本清張氏はこの年に生まれています。
当時のアメリカでもドライブ、気球、ヨット、ゴルフ、探検、その他のアウトドアスポーツなど、 最新のレジャーが流行しつつあることを広告で表現しています。

贅を尽くした魔法びん

魔法びんに焦点を当てると、当時の製品(もちろんガラス製)は酸化銀、銅、ニッケル、砲金、マホガニー、 ウオールナットなど用途に応じて様々なパーツに贅を尽くしています。
また、本革製のカバーは豚革やモロッコ革(ヤギのなめし革)を使い、 豊富なカラーバリエーションとロンドンの加工職人に作らせていたことがアピールポイントでした。
20世紀は戦争の世紀でもあったわけですが、サーモスは戦地でも数多く使われています。 広告の歴史にも当時の世相が反映されており、そのあたりも今後は探ってみたいと思います。