THERMOS

サーモスの歴史 世界初のチタン製魔法びんの登場

1978年にステンレス魔法びんを発売してから10年。サーモスから世界初のチタン製魔法びんが登場しました。
チタンといえば当時は宇宙開発やジェット機、潜水艦などに使われるような金属で、家庭用の製品に採用されることはなく、大きな驚きでした。

優れた性質を持つ金属素材チタン

魔法びんがガラス製からステンレス製になったことで、「割れない」という大きなメリットをもたらしました。今度はチタンを採用することで、さらに「軽く、強い」魔法びんが登場しました。

チタンは耐食性、耐熱性、強度のいずれもステンレスを上回りながら、金属比重はステンレスの約60%と非常に軽い性質を持っています。しかしその硬度ゆえに、溶接や加工がたいへん難しく、なかなか製品化されませんでした。

しかし試行錯誤を重ねたすえ、1988年、ついに世界初のチタン製魔法びんが開発、発売されました。それが「シャトルチタン」です。

  • 発売当時、業界新聞でも大きく取り上げられていました。

  • シャトルチタン

冒険・登山で圧倒的な支持を受ける

チタン材は高価で加工も難しいため、製品も高価なものになります。シャトルチタンも発売当時、ステンレス製品の2倍以上の10,000円という価格でした。

しかし、それでも「この製品でなければ」と強く支持したのが登山家・冒険家の方々でした。装備品を1グラムでも軽量化したい登山家・冒険家にとって、軽くて強いチタンの魔法びんは、理想的な製品だったのです。

その後、割れないステンレス製の魔法びんが登場して、さらに活躍の場が広がりました。「軽く・強い」チタン製の魔法びんは、こうしたユーザーの皆様の支持を受け、圧倒的な人気を博しました。

シビアな状況の経験が製品に反映

サーモスではこれまでも多くの登山家・冒険家の方々のサポートをしてきました。過酷な条件での使用によるさまざまな現場の声を、製品に活かしてきました。

そのひとつの成果が「山専用ボトル」です。手軽に購入できるステンレス製ボトルに、滑りにくく開けやすいノンスリップカップ、耐衝撃性を高めたボディリングやソコカバーの採用。こうした仕様は、ユーザーの声を反映したものなのです。

そしてシャトルシャフは、基本構造はそのままに、素材やデザインなどで現在も進化を続けるロングセラーモデルとなっています。その累計は約340万台にもなり、世界中の多くの家庭で利用されています。

1900年代初頭に魔法びんが登場して以来、数々の冒険の現場に登場したサーモス製品は、100年以上たった今なお、進化し続け、登山や冒険の現場の最前線で活躍しています。