THERMOS

サーモスの歴史 スポーツボトルというジャンルの開拓

  • スポーツボトルは1998年に日米同時発売で登場しました。冷たい飲み物専用という新しいコンセプトは、従来の魔法びんとは全く異なる新しいマーケットを切り開きました。
    今でこそ多くの人達が持っている人気アイテムですが、発売当初はなかなか広まりませんでした。

魔法びんの常識を超えた新しい商品

サーモスからスポーツボトルがはじめて登場したのは1998年の秋のことです。それまでの魔法びんは、主に遠足や運動会などの「行事」に持っていくアイテムと認識されていましたので、使用頻度もさほど高くなく、魔法びん市場も飽和状態となっていました。

そこに登場したのが、保冷専用で直接口をつけて飲む「真空断熱スポーツボトル」で、「カップに注いで飲む」という従来の常識を超えた新しいコンセプト商品でした。これは当時「アメリカではペットボトルの水を持ち歩いて飲んでいる」という習慣を見て開発されたものです。(開発の経緯などはTalk&Talk 第4回「スポーツボトル」に開発者インタビューで詳しく掲載されています)

  • 1998年に発売された最初の真空断熱スポーツボトルFBE-500

クチコミで広がったスポーツボトル人気

新しいカテゴリーの製品として登場したスポーツボトルですが、発売当初は「ボトルから直接飲むスタイル」がなかなか受け入れられず、初年度の販売本数は1万本程度と、現在のスポーツボトル市場からは想像がつかないほど少ないものでした。

しかし、従来の魔法びんと違って、引き上げるだけですぐに飲める飲み口は、素早く水分補給したいスポーツシーンでは好評であり、ユーザーによるクチコミで徐々に人気が拡がっていきました。

また、500mlのペットボトルドリンクが普及し始めた頃でもあり、飲み物を持ち歩いて、直接口につけて飲むスタイルが定着してきました。さらに熱中症に対する注意も喚起されはじめ、運動時の水分補給の重要性も認識されてきました。

こうした社会情勢を背景に、少年サッカーや少年野球でのスポーツキッズの利用が急激に増えていきました。スポーツボトルは家庭用品としては珍しく、ユーザーである子どもが選ぶ商品で、本人の指名買いが顕著です。従ってチーム内で人気が出ると更にスポーツボトルユーザーが増えていく現象が見られました。

サーモスも雑誌広告やTVCM、水分補給の重要性などの訴求活動を行なってきましたが、ユーザーが爆発的に増えた最大の要因は、子ども達のコミュニテイ内のクチコミだったと考えています。

  • 発売当初のスポーツボトルは、引き上げるだけで飲めるクイックスパウト方式を採用していました。

  • 2002年当時は「EZ Drink」というキャッチフレーズで、すぐに飲め、水分補給ができるスポーツボトルの特徴をあらわしていました。

年間400万本のまったく新しいマーケットを生み出した

片手で簡単に開いて素早く飲め、飲み口を汚れから守るワンタッチ・オープン機構の開発や、洗いやすさの向上、ボディをガードするプロテクションカバー採用など、スポーツボトルは登場以来たゆまぬ進化を遂げ、様々なシーン・用途に応じた新商品投入などを行ってきたことで、ユーザーも順調に増えてきました。

「一家に1本」だった魔法びんは、スポーツボトルという新しいカテゴリーが確立するとともに、「一人に1本」というニーズを生み出し、今では年間400万本以上の巨大なマーケットになったのです。

熱中症の危険はスポーツシーンだけでなく、日々の生活でも存在します。冷たい飲み物を素早く補給できるスポーツボトルは、その予防にも最適です。今後も様々なお客様にご利用頂けるように製品の進化を進めていきます。

  • 2002年には飲み口を覆ったキャップがワンタッチで開けられるFDKシリーズが登場して人気を博しました。

  • 2004年にはスライドロック機構のついたワンタッチオープンのFDSシリーズなど、ユーザーニーズに応えてラインアップも増えていきました。

  • 乱暴に扱われても本体をガードできるプロテクターを採用するなど、ユーザーの使い勝手にあわせた進化が進んでいます。