THERMOS

サーモスの歴史 飲み物をいつでも持ち歩けるケータイマグ

  • サーモスのケータイマグが日本に登場したのは1999年のこと。当時は飲み物を持ち歩くということはあまり一般的ではありませんでした。しかし今では大勢の人の通勤や通学のバッグの中に、ケータイマグが入れられるようになり、飲み物を持ち歩くスタイルがすっかり定着してきました。

「持ち歩く」と「手軽に飲める」を両立

ケータイマグは、水筒のように携帯でき、マグカップのように手軽に飲める、というコンセプトで作られました。

飲み物を携帯するなら、持ち運んだときに漏れたりしない構造でなければいけません。しかし水筒のようにコップを外して、中せんを回し開け、飲み物を注ぐという使い方は手軽とは言いがたいものでした。飲みたいときにすぐ飲めるような仕組みを実現したのが、2000年に発売した「JMW-350」で採用したワンタッチ・オープン機構でした。

飲み物がこぼれないようにしっかりと密閉され、ロックを外せばワンプッシュでフタが開けられます。そしてそのまま口をつけて直接飲むことができるようになっています。

このワンタッチ・オープン機構は、現在もケータイマグの大きな特徴となっています。

  • 1999年に発売したJML-351。発売当初は「携帯用マグカップ」というキャッチコピーで販売していました。

  • 2000年に登場したJMW-350。「真空断熱ケータイマグ」という名称がこのときはじめて使われました。現在のモデルでも使われているロックリングを外して、ワンプッシュで開ける機構がすでに取り入れられています。

女性を中心にじわじわと人気が広がる

子どもが水分補給のためにスポーツボトルを持ち歩くのと違って、大人がお茶やコーヒーなどの飲料を持ち歩くことは、発売当時はまだまだポピュラーではなく、なかなか普及しませんでした。

しかし2004年頃から、女性の間でハーブティー人気が高まり、自宅で入れたハーブティーを会社や外で楽しむ人が増えてきました。やがてコーヒーやお茶など、思い思いの飲み物を持ち歩くマイドリンクがブームになって、ケータイマグの人気は女性を中心に広がっていきました。

しかし2004年頃から、女性の間でハーブティー人気が高まり、自宅で入れたハーブティーを会社や外で楽しむ人が増えてきました。やがてコーヒーやお茶など、思い思いの飲み物を持ち歩くマイドリンクがブームになって、ケータイマグの人気は女性を中心に広がっていきました。

さらに2007年頃にはエコロジーへの関心が高まり、紙コップやペットボトルなどを使い捨てないマイボトルの存在がクローズアップされていきます。そのうえリーマンショックなどの社会情勢に伴って、節約を目的にボトルを持つユーザーも増えていきました。「水筒男子」といった言葉が使われるようになったのも、この頃からです。

  • ハーブティーのブームによって、自宅で入れた飲み物を持ち歩く人が増えてきました。

  • マイボトルが注目されはじめた2005年に登場したケータイマグ「JMX」シリーズ。

  • エコロジーへの関心が高まっていた2008年に登場した「JMY」シリーズ。

  • ふたを回して開閉するスクリュータイプも「しっかり閉められて安心」と根強い人気。

さらに進化を遂げるケータイマグ

ドリンクを直接飲めるケータイマグは、今では携帯タイプの魔法びん市場の半分以上を占めるほど定着しました。出荷本数も日本の業界団体の調べでは600万本を超え、その他の製品も含めれば、さらに膨大な数のケータイマグが市場に出回っています。

市場の一部の製品には、かばんの中に入れておくと中の飲み物が漏れ出てしまうようなものもあるようです。しかしサーモスの製品は、かばんの中に入れても安心して持ち運べるように、水漏れについての厳しい検査を経てから出荷しています。

2001年にはじめて登場して以来、社会の情勢や流行によってケータイマグは多くのユーザーの増加を獲得し、それとともに商品のバリエーションも増えています。

どこにでも持ち運んで手軽に楽しめるという基本コンセプトは変わらないものの、製品の重量やサイズ、使いやすさ、洗浄性などといった機能面は更に進化を遂げています。