サーモスの歴史

100年あまりの歴史をもつサーモスならではの秘蔵の資料や技術秘話を紹介

サーモスの魔法びんが生まれ、世界中で使われ続けてきた歴史の中には、多くの冒険家や探検家たちとの出会いなどが、古い資料から読み取れます。
歴史のはざまに見るサーモスの製品や広告。逸話の数々をご覧ください。

1999

ケータイマグ

ケータイマグ

JML-351F 発売

ケータイマグ
1998

業界初真空断熱スポーツボトル

業界初真空断熱スポーツボトル

FBE-500/700 発売

業界初真空断熱スポーツボトル

新ジャンル「スポーツボトル」の開発

新ジャンル「スポーツボトル」の開発

マイボトル感覚で使える「イージードリンクボトル」を発売。
保冷専用の「スポーツボトル」という新ジャンルの製品が生み出されました。
いまやスポーツシーンには欠かせないアイテムとして愛用されています。

新ジャンル「スポーツボトル」の開発
1991

シャトルシェフ おかゆ

シャトルシェフ おかゆ

JLH-701 発売

シャトルシェフ おかゆ
1990

フィールドサーモスでアウトドアへ本格参入

フィールドサーモスでアウトドアへ本格参入
フィールドサーモスでアウトドアへ本格参入
1989

真空断熱保温調理鍋 シャトルシェフKPA-3000/4500発売

真空断熱保温調理鍋 シャトルシェフKPA-3000/4500発売

魔法びんの技術を応用して、保温することで調理ができる真空保温調理器「シャトルシェフKPA-3000/4500」が発売されました。調理台でつきっきりにならなくてすむ、エネルギーと時間を節約できる製品として、爆発的にヒットしました。

真空断熱保温調理鍋 シャトルシェフKPA-3000/4500発売
1988

軽量で強靱なシャトルチタンボトル HSW-500T発売

軽量で強靱なシャトルチタンボトル HSW-500T発売

世界初の超軽量チタン製魔法びん「チタンボトルHSW-500T」を発売しました。超軽量で強靱な魔法びんは、アウトドアや登山などのフィールドで高い評価を得ています。

軽量で強靱なシャトルチタンボトル HSW-500T発売

世界初のチタン製魔法びんの登場

世界初のチタン製魔法びんの登場

1978年にステンレス魔法びんを発売してから10年。サーモスから世界初のチタン製魔法びんが登場しました。

世界初のチタン製魔法びんの登場
1985

アイスクリームメーカー(蓄冷材使用)

アイスクリームメーカー(蓄冷材使用)

シャトル&どんびえJCA-500 発売

アイスクリームメーカー(蓄冷材使用)
1982

真空断熱電気ポットおゆべえ

真空断熱電気ポットおゆべえ

EGA-1200 発売

真空断熱電気ポットおゆべえ

初の子供用ボトル シャトルミニ

初の子供用ボトル シャトルミニ

HSC-350/500 発売

初の子供用ボトル シャトルミニ
1978

ステンレス魔法びんの登場

ステンレス魔法びんの登場

1904年に登場した魔法びんは、時代の変遷とともに形状や機能を変えながら世界中で愛用されてきました。

ステンレス魔法びんの登場

ボトル第一号アクトステンレスポット
AF-850/1100/AS-550/750発売

ボトル第一号アクトステンレスポット AF-850/1100/AS-550/750発売

世界初の高真空断熱ステンレス魔法びんを日本酸素株式会社が開発し、「アクト・ステンレスポットAF-850/1100/AS-550/750」を発売。 このステンレス魔法びんはガラス製の弱点を克服し、割れない画期的な魔法びんとして、大きな進化を果たしました。

ボトル第一号アクトステンレスポット AF-850/1100/AS-550/750発売