木村東吉のサーモスを巡る旅 ~VanLifeの旅にはいつもシャトルシェフがあった

VanLife(バンライフ)をご存じでしょうか。バン(車)に生活に必要な物を詰め込んで寝泊りする、生活スタイルのことです。この造語はラルフローレンの元デザイナー、フォスター・ハンティントンが生み出したもので、彼は自由気ままな旅をバンとともに楽しみました。アウトドアの暮らしをこよなく愛する木村東吉さんもまた、VanLifeを楽しんでいます。

この記事をシェアする

Facebook twitter LINE

キャンピングカーで旅をするVanLifeが流行しています。車に生活用品を載せて移動するVanLifeの旅は、気軽なように見えて、実は日常生活を見直すきっかけにもなるようです。木村東吉さんは、温かい食事を楽しむことができるシャトルシェフはVanLifeに欠かせないと言っています。

旅になにを求めるのか?

そう尋ねると、十人十色、様々な答えが帰ってくると思うし、そのすべてが正しい理由であると思う。

ボクの場合は、旅の主目的は日常生活を見直すことだ。

国の内外を問わずに旅を続けているが、旅から戻るといつも反省点がいっぱい出てくる。

それと同時に、日常への反省点もいっぱいこぼれだす。

双方に共通する反省点は、「自分にそこまでの道具、あるいは洋服が必要なのか?」ということである。

とくに長い旅では、荷物をかなりコンパクトに詰めなければならないので、ワードローブはかなり厳選することになる。それでも持っていく服の約3分の1は一度も着用しないで帰って来ることが多い。
そして旅から戻り、その着用しなかった服をクローゼットに戻す時、日常でストックしているワードローブの多さに閉口するのである。

2年前からVanLifeを始めた。

それまでにもキャンピング・トレーラーを引っ張って旅をしていたが、よりコンパクトなスタイルを求め、一台の古いVanを手に入れた。1996年製のフォードのVanで、手に入れた時には相当くたびれていた。

もっとも苦労したのは雨漏りで、コーキングを施しても、いろいろなところから雨漏りが発生する。3ヶ月ほど雨漏りと格闘して、その後、ブレーキキャリパー等の交換をし、エアコンのコンプレッサーの修理を終えた頃、ようやくまともに安心して長距離を走れるようになった。

実は今、この原稿を書いているのもVanLifeの旅の途中で、四国の高松のショッピングモールのフードコートにいる。

ショッピングモールのフードコートは旅先でよくお世話になる施設で、その理由はフリーWi-Fiが使えるということである。施設によっては親切にもPCを繋ぐ電源がテーブルに設置してあるところもある。もちろんランチも取れるし、夕食の買い物をついでに済ますこともできる。

約2週間前に河口湖の自宅を出発して、浜松、津、奈良、明石、赤穂、牛窓を経由して、瀬戸大橋で四国に渡った。

その間、道の駅やRVパークを利用しながら旅を続けている。

こうして旅を続けていると、まず電源の確保が毎日の必須項目になる。Vanには大容量の充電器を積んでいるが、使いたい放題に使用していると3日ほどで電力が枯渇してしまう。移動中にソーラーパネルによって再充電を行うが、ソーラーだけではいささか心もとない。従ってなるべく電源を繋ぐことができるRVパークに、定期的に宿泊することになる。

今、この箇所を読んで気づかれた方もいると思うが、普段、自分たちが生活しているなかで、電力の供給をこれほどシビアに感じることがあるだろうか?
これも日常生活の見直しになる

もちろん電力だけではない。水も必要だし、ガスも必要だ。

我がVanには5キロのLPのガスタンクを2本積んでおり、料理だけなら2ヶ月ほどは余裕で賄えるが、冷蔵庫や暖房にもガスを使うので、貴重なエネルギー源として加減を考えるのである。

日常でエコを心がけましょう! と声高々に叫ばれても、調理用のガスやIHヒーターの電力の節減を、家庭で細かく気にすることは少ないと思う。しかし、VanLifeを続けていると、それらにとてもシビアになるのだ。

そんなVanLifeの調理シーンで活躍する道具が、シャトルシェフである。

シャトルシェフの特徴は保温調理。一旦、鍋を沸騰させ、保温容器に移せば、2時間ほどで中の具材がトロトロに仕上がっている。

ボクが得意とするのが中華風シチューだ。

材料のメインは手羽中。

手羽中とベーコンをフライパンで色よく炒め、青梗菜やひよこ豆を煮込んだ鍋の中に投入する。味付けはシンプルで、中華スープの素と塩コショウ、それにニンニク。味の決め手は八角で、これを入れると、味がぐっと本格的に仕上がる。食べる前にごま油をちょろっと垂らせば完璧である。

例えば次の目的地に3時頃に到着したとする。すぐに調理準備を始め、すべての材料をシャトルシェフに投入する。

Vanに積んだ自転車で夕陽を眺めに行く

この旅でもっとも美しい夕陽は、牛窓の港で見た夕陽だ。

ここは「日本夕陽百選」にも選ばれており、瀬戸内海に浮かぶ島々の向こうに、燃えるような赤い夕陽が沈んで行く。

真っ赤な夕陽が海に沈む瞬間に、ジュッと音を立てる……というようなセリフが登場する映画を、若い頃に観たことがあるが、そんなエピソードが本当のような、真っ赤な太陽が海と島々に沈んで行くのだ。

たっぷりと夕陽を堪能したあと、寒風の中ペダルを回し続け、我がVanに戻る

Vanに戻るやシャトルシェフの蓋を開けて、ボウルに中華シチューを注ぐ。手羽の身が骨から崩れ落ちる。

夕陽の残像を車窓から眺めながら、熱いシチューを頬張る。

シンプルだが、何ものにも代え難い至福がボクの中で拡がっていく。


サーモスを巡る旅、いかがでしたか?

またどこかでお会いしましょう!

<木村東吉>プロフィール
木村東吉(きむら・とうきち)
1958年大阪生まれ。1979年よりモデル活動開始。『ポパイ』『メンズクラブ』等の表紙を飾り活躍。30代より、趣味からアウトドア活動を始め、世界各地のアドベンチャーレースに参加。その経験を活かし、日本でも様々なアドベンチャーレースを主催して、おしゃれで洗練されたオートキャンピングブームの火付け役となる。現在は河口湖に拠点を置き、アウトドア関連のイベントプロデュースのほか、キャンプ教室の指導・講演、執筆など幅広く活動している。

編集:オフィス福永

この記事をシェアする

Facebook twitter LINE

PLUS THERMOS おすすめの商品