フライパンレシピリレー

魔法びんのパイオニア「サーモス」から、フライパンシリーズが登場。
焼く・煮る・炊く・オーブン・パンの発酵まで1つでOK!
その魅力を、人気の生活情報誌3誌横断のリレー形式でご紹介していきます。

ESSE×枡谷周一郎
桝谷周一郎 ©武井めぐみ

ESSE 5月号掲載

桝谷周一郎シェフ

東京、広尾のイタリアンレストラン『オステリア・ルッカ』オーナーシェフ。食材を活かしたシンプルな料理で人気。

  • オーブン

    鶏と新玉ねぎの
    オーブン焼き

    レシピを見る

    オーブン

    鶏と新玉ねぎのオーブン焼き

    材料(4人分)

    • 鶏もも肉(骨つき)…5~6本(850g)
    • 新玉ねぎ…1個
    • にんにく…2片
    • ローズマリー…1本
    • 塩、粗びき黒こしょう…各適量
    • オリーブオイル…10ml
    • イタリアンパセリ…適量
    オーブン

    鶏と新玉ねぎのオーブン焼き

    作り方

    • 1.鶏もも肉は、全体に塩、粗びき黒こしょうをふる。新玉ねぎは8等分のくし形切りにする。にんにくはつぶす。オーブンを220 ℃に予熱する。
    • 2.26cmのフライパンに1の鶏もも肉を入れ、オリーブオイルをかけて中火にかける。
    • 3.途中返して表面全体を香ばしく焼きつけたら新玉ねぎを散らし、にんにく、ローズマリーをのせて220 ℃のオーブンで10分焼く。イタリアンパセリを飾る。
    オーブン

    鶏と新玉ねぎのオーブン焼き

    取っ手を外して、
    そのままオーブンへ
    入れられるからラクチン!

    オーブンOK

    ※上限温度220℃

  • 煮る

    あさりと
    マッシュルームの蒸し煮

    レシピを見る

    煮る

    あさりとマッシュルームの蒸し煮

    材料(4人分)

    • あさり(砂抜きしたもの)…500g
    • マッシュルーム…8個
    • にんにく…1½片
    • 赤唐辛子…1本
    • 白ワイン…60ml
    • 水…60ml
    • 無塩バター…15g
    • オリーブオイル…適量
    煮る

    あさりとマッシュルームの蒸し煮

    作り方

    • 1.あさりはよく洗う。マッシュルームは石づきをとる。
    • 2.26cmのフライパンにつぶしたにんにく、赤唐辛子、オリーブオイル大さじ2を入れて弱火にかける。香りが立ったら1を加えて中火にし、軽く混ぜてAを加え、フタをして煮る。
    • 3.あさりの殻が開いたらオリーブオイル適量をまわしかける。
    煮る

    あさりとマッシュルームの蒸し煮

    フタをして殻が開くまで蒸し煮に。
    深さがあるので煮物も安心!

    深型設計
  • 炒める

    春野菜と小えびの
    ショートパスタ

    レシピを見る

    炒める

    春野菜と小えびのショートパスタ

    材料(4人分)

    • ショートパスタ(コンキリエなど)…40g
    • ブロッコリー…60g
    • 菜の花…60g
    • 新玉ねぎ…60g
    • むきえび…160g
    • ベーコン(みじん切り)…10g
    • にんにく(みじん切り)…少々
    • アンチョビー(みじん切り)…少々
    • オリーブオイル…20ml
    • 塩…適量
    • オレガノ(ドライ)…少々
    炒める

    春野菜と小えびのショートパスタ

    作り方

    • 1.28cmのフライパンに湯を沸かし、塩(湯量に対して1%)を加えてショートパスタを袋の表示時間よりやや短めにゆでる。
    • 2.ブロッコリーは小房にして、さらに半分に切る。菜の花は3cmの長さに切り、新玉ねぎは5mm幅のくし形切りにする。えびは洗って水気をふきとる。
    • 3.26cmのフライパンにAを入れて弱火にかけ、香りが立ったらえびを加えて中火にし、ブロッコリー、菜の花、新玉ねぎ、オレガノ、水80㎖を加え、フタをして蒸し焼きにする。
    • 4.パスタがゆであがったら湯をきって3に加え、炒め合わせる。
    炒める

    春野菜と小えびのショートパスタ

    みじん切りのにんにくや
    ベーコンも焦げ付かず、
    おいしさ引き立つ!

    耐摩擦性デュラブルコート
  • 焼く

    じゃがいもの
    ガレット

    レシピを見る

    焼く

    じゃがいものガレット

    材料(4人分)

    • じゃがいも…大1個(正味150g)
    • ハム…5枚
    • とろけるスライスチーズ…3枚
    • オリーブオイル…大さじ3
    • 無塩バター…10g
    焼く

    じゃがいものガレット

    作り方

    • 1.じゃがいもはせん切りにする。
    • 2.26cmのフライパンにオリーブオイルをひいて弱火にかけ、1の半量を円形に平らに敷き、ハム、チーズ、残りの1の順に広げてのせる。
    • 3.バターを加えて中火にし、ときどきフライパンをゆすり、回しながら焼く。底面が香ばしく焼けたら返し、もう片面も香ばしく焼く。食べやすくカットして器に盛る。
    焼く

    じゃがいものガレット

    じっくり加熱してもこびりつかず、
    カリッときれいな焼き上がりに!

    耐摩擦性デュラブルコート

Chefのオススメ

パスタをゆでるのにもちょうどよい深さ。ふたつのフライパンで、ゆで・炒め作業が平行して進められます。取っ手を外してオーブンにそのまま入れられるのも便利! 重ねるとコンパクトで、ご家庭でも収納しやすいと思います。
ヤミー

レタスクラブ 6月号掲載

ヤミー(料理研究家)

世界の料理を食べ歩く、料理研究家。雑誌やTV、広告、企業のレシピ開発など多方面で活躍のほか、人気著書も多数。

  • 焼く

    カジキと緑の野菜の
    蒸し焼き

    レシピを見る

    焼く

    カジキと緑の野菜の蒸し焼き

    材料(4人分)

    • カジキ…4切れ
    • キャベツ…4枚
    • グリーンアスパラガス…4本
    • そら豆…50g
    • 玉ねぎ…½個
    • 塩…小さじ¼
    • 粗びき黒こしょう…適量
    • 白ワイン…50ml
    • 生クリーム…100ml
    • 粒マスタード…小さじ2
    • 塩…小さじ¼
    • バター…20g
    焼く

    カジキと緑の野菜の蒸し焼き

    作り方

    • 1.カジキに塩をふって15分以上おき、水気をふきとり黒こしょうをふる。キャベツは一口大に切り、アスパラは斜め切りにする。そら豆は皮と薄皮をむく。玉ねぎは薄切りにする。
    • 2.26cmのフライパンにバターを入れて中火にかけ、半分溶けたら玉ねぎを加えて1~2分炒める。キャベツとアスパラを加えてさっと炒め、カジキとそら豆をのせて白ワインをふり、フタをして弱火で約5分蒸し焼きする。
    • 3.カジキを取り出し、フライパンにAを加えて野菜にからめる。ふつふつしてきたらカジキを戻して温める。
    焼く

    カジキと緑の野菜の蒸し焼き

    食べる直前まで、フライパンに保温カバーをかぶせてあたたかさをキープ!

    保温カバー(木製プレート付)

    (保温の目安:1時間)

  • 炒める

    きのことベーコンの
    サラダ

    レシピを見る

    炒める

    きのことベーコンのサラダ

    材料(4人分)

    • くるみ…30g
    • しめじ…1パック
    • まいたけ…1パック
    • ベーコン…2枚
    • 白ワインビネガー…大さじ1
    • 粒マスタード…小さじ1
    • 塩…小さじ¼
    • 粗びき黒こしょう…少々
    • オリーブオイル…大さじ2
    • グリーンリーフ…3枚
    炒める

    きのことベーコンのサラダ

    作り方

    • 1.くるみは26cmのフライパンに並べて弱めの中火にかけ、2~3分から炒りして取り出し、粗くつぶす。しめじとまいたけは石づきを落として食べやすくほぐす。ベーコンは1cm幅の短冊切りにする。
    • 2.1のフライパンにオリーブオイルをひいて中火にかけ、ベーコンをさっと炒めたら、しめじ、まいたけを加えて火が通るまでしっかり炒める。Aを加えて混ぜ合わせ、すぐに火を止める。
    • 3.器に食べやすくちぎったグリーンリーフを敷いて2をのせ、1のくるみを散らす。
    炒める

    きのことベーコンのサラダ

    きのこに香ばしい焼き色がつくまでしっかり炒めても焦げ付きにくい!

    耐摩擦性デュラブルコート
  • 炊く

    彩り野菜とパスタの
    パエリア

    レシピを見る

    炊く

    彩り野菜とパスタのパエリア

    材料(4人分)

    • パスタ(カッペリーニ)…150g
    • パプリカ(赤)…1個
    • ズッキーニ…1本
    • なす…2本
    • 玉ねぎ…½個
    • にんにく…2片
    • トマト…1個
    • 塩…少々
    • 白ワイン…50ml
    • 湯…400ml
    • 塩…小さじ½
    • タイム(乾燥)…小さじ¼
    • オリーブオイル…大さじ4
    • レモン(くし形切り)…1個分
    炊く

    彩り野菜とパスタのパエリア

    作り方

    • 1.パスタは7~8cm長さに折る。パプリカは縦に1cm幅に切る。ズッキーニとなすは5mm厚さの半月切りにする。玉ねぎ、にんにく、トマトは粗みじん切りにする。
    • 2.28cmのフライパンにオリーブオイルをひいて中火にかけ、パプリカを炒めてこんがりしたら取り出す。続けてズッキーニとなすを入れ塩をふって炒め、火が通ったら野菜のみ取り出し、炒め油は残す。
    • 3.フライパンを再び中火にかけ、玉ねぎとにんにくを入れて炒め、しんなりしたらトマトを汁ごと加えて軽く煮くずれるまで炒め、白ワインを注ぐ。煮立ってアルコール分がとんだらAを加える。
    • 4.再び煮立ったらパスタを加え混ぜて平らにならし、汁気が半分になったら上に2を彩りよくのせる。汁気がなくなったら火を止め、レモンを飾る。
    炊く

    彩り野菜とパスタのパエリア

    パエリアなどの炊き込み料理も深型設計なのでラクラク。

    深型設計
  • 煮る

    ミックスベリーの
    ローテグリュッツェ

    レシピを見る

    煮る

    ミックスベリーの
    ローテグリュッツェ

    材料(作りやすい分量)

    • ミックスベリー(冷凍)…200g
    • りんごジュース…200ml
    • 砂糖…½カップ
    • 白ワイン…200ml
    • 片栗粉…大さじ1½
    • バニラアイス…適量
    煮る

    ミックスベリーの
    ローテグリュッツェ

    作り方

    • 1.26cmのフライパンにAを入れ中火にかけ、砂糖が溶けたらミックスベリー¾量を加え、軽くとろみがつくまで煮る。
    • 2.Bを混ぜてから1に加え、しっかりとろみがついたら残りのミックスベリーを加えて煮る。煮立ってベリーが解凍したら火を止め、冷めたら冷蔵庫に入れて冷やす。
    • 3.器に盛り、バニラアイスを添える。
    煮る

    ミックスベリーの
    ローテグリュッツェ

    深型設計なので、とろみのついた煮込み料理も飛びハネが少なく安心。

    深型設計

料理家のオススメ

深さがあるので、パスタやうどんなどの乾麺、青菜類をゆでるのにとても便利。また、底面が広く平らなので、朝ごはんは目玉焼きやソーセージの炒め物など料理数品をいっぺんに作っています。洗い物が少なく済み楽チン!
成澤文子

オレンジページ 7/2月号掲載

成澤文子(料理家)

管理栄養士。テレビ、イベント、企業、WEB等でレシピ開発を行うかたわら、食育や特定保健指導にも力を入れている。

  • 炒める

    鶏肉とピーマンの
    旨照り炒め

    レシピを見る

    炒める

    鶏肉とピーマンの旨照り炒め

    材料(2人分)

    • 鶏もも肉…1枚(300g)
    • パプリカ(赤)…½個
    • ピーマン…1個
    • しょうが…1片
    • 塩、こしょう…各少々
    • 酒…小さじ1
    • しょうゆ…小さじ½
    • しょうゆ…大さじ1
    • 砂糖、酢、酒…各小さじ2
    • 片栗粉…小さじ½
    • 薄力粉…適量
    • サラダ油…大さじ½
    炒める

    鶏肉とピーマンの旨照り炒め

    作り方

    • 1.パプリカとピーマンは小さめの一口大に切る。しょうがはせん切りにする。
    • 2.鶏肉は余分な脂を除いて小さめの一口大に切り、Aを上から順にもみ込み、薄力粉を薄くはたきつける。
    • 3.26cmのフライパンにサラダ油を中火で熱し、鶏肉を皮目を下に並べて焼く。皮目がカリッとしたら返し、全体に焼き色がついたら1を加えて炒める。火が通ったらよく混ぜたBを加えてからめる。
    炒める

    鶏肉とピーマンの旨照り炒め

    甘辛だれを加えて最後の仕上げ。しっかりからめても焦げつきにくい。

    耐摩擦性デュラブルコート
  • パン発酵

    花巻

    レシピを見る

    パン発酵

    花巻

    材料(作りやすい分量/8個分)

    • 薄力粉…200g
    • 砂糖…大さじ1½
    • 塩…小さじ¼
    • ドライイースト…小さじ1
    • サラダ油…大さじ1
    • ぬるま湯…100ml
    • ごま油…小さじ1
    パン発酵

    花巻

    作り方

    • 1.ボウルにAを入れて混ぜ、ぬるま湯を注いで手でこねる。ひとまとまりになったらこね台に出してさらにこねる。生地にツヤが出てきたら丸め、とじ目を下にして26cmのフライパンに入れ、生地を軽く押さえて平らにする。フタをして弱火で30秒加熱する。
    • 2.1のフライパンを木製プレートにおいて取っ手を外し、保温カバーをかぶせて生地が2倍になるまで15~20分発酵させる。
    • 3.生地を取り出し、めん棒などで25cm×25cmに広げ、奥2cmを残して表面にごま油小さじ½を塗る。手前からくるくると巻いて8等分に切り、切り口の真ん中に菜箸を押しつけて成形する。
    • 4.26cmのフライパンにごま油小さじ½を塗り、3を並べる。フタをして弱火で30秒加熱し、木製プレートにおいて取っ手を外し、保温カバーをかぶせて15~20分二次発酵させる。
    • 5.フタを開け、取っ手をつけて中火にかける。フライパンが温まったら、水100mlを注ぎ、フタをして13~15分加熱する。水が残っていたらフタを開けて水気を飛ばす。
    パン発酵

    花巻

    弱火で30秒加熱し、保温カバーをかぶせるだけで発酵ができて便利!

    保温カバー(木製プレート付)
  • オーブン

    旬野菜の
    しょうがだれ

    レシピを見る

    オーブン

    旬野菜のしょうがだれ

    材料(2人分)

    • なす…1本
    • さやいんげん…6本
    • まいたけ…½パック
    • ミニトマト…6個
    • しょうゆ…大さじ1  
    • 酢…大さじ½
    • 砂糖…ひとつまみ
    • ごま油…小さじ1
    • しょうが…½片
    • ごま油…大さじ½
    オーブン

    旬野菜のしょうがだれ

    作り方

    • 1.なすは半分の長さに切ってから縦8等分に切る。いんげんはさっとゆでてヘタを落とし、半分の長さに切る。まいたけはほぐす。
    • 2.Aのしょうがはせん切りにし、水にさらして水気をきる。
    • 3.26cmのフライパンに1を入れ、ごま油を加えてからめ、ミニトマトをのせて200℃に予熱したオーブンで約10分焼く。
    • 4.ミニトマトを取り出し、フライパンにAを加えてからめ、ミニトマトとともに器に盛る。
    オーブン

    旬野菜のしょうがだれ

    そのままオーブンに入れられ、取っ手を外して加熱できるからラクラク。

    オーブンOK

    ※上限温度220℃

  • 煮る

    焼キャベツと
    ベーコンのスープ

    レシピを見る

    煮る

    焼キャベツとベーコンのスープ

    材料(2人分)

    • キャベツ…¼玉(300~350g)
    • ベーコン(厚切り)…40g
    • 水…400ml
    • 鶏がらスープの素(有塩)…大さじ½
    • ごま油…大さじ½
    煮る

    焼キャベツとベーコンのスープ

    作り方

    • 1.キャベツはくし形に半分に切る。ベーコンは食べやすい大きさに切る。
    • 2.26cmのフライパンにごま油を熱し、キャベツを入れて中火で焼く。片面に焼き色がついたら返し、ベーコンを加えて焼く。
    • 3.キャベツの両面に焼き色がついたらAを加えてフタをし、キャベツがやわらかくなるまで約7分煮る。器に盛り、お好みで粗びき黒こしょうをふる。
    煮る

    焼キャベツとベーコンのスープ

    深型設計だから、汁気の多い料理もおまかせ!香ばしく焼いてそのまま煮込むことができる。

    深型設計

料理家のオススメ

こびりつきにくいのでオーブンシートなどを敷かずに、発酵や蒸す作業ができて楽チン。深さや大きさがちょうどよく、どんな料理もオールマイティ。そのまま食卓に出せ、温かさをキープできるところも気に入っています。

サーモスのフライパンを使った、
毎日の食事に役立つおいしいレシピをご紹介します。

フライパンレシピをもっと見る

4つのレシピがこのフライパン1つでOK!
サーモスのフライパンに関する情報や、
製品ラインナップをご紹介します。

製品について詳しくはこちら