THERMOS

シャトルシェフのしくみ・使い方・メリット

手間をかけずに美味しい料理ができあがるシャトルシェフの仕組みと、メリットが動画で ひとめで分かります。

シャトルシェフとは シャトルシェフとは

火からおろして、あとはシャトルシェフにおまかせクッキング!!

シャトルシェフは、短時間火にかけた調理鍋を保温容器で丸ごと保温し、余熱で食材に火を通す保温調理ができる調理器具です。
シャトルシェフなら、ステンレス製魔法びんと同じ高い保温力があるので、食材をグツグツ沸とうさせ続ける必要はありません。余熱でじっくり煮込むので、煮くずれさせず、素材本来の風味や旨みを生かしながら味をしみこませます。そのため、うす味でもおいしくヘルシーに仕上がるのです。

シャトルシェフと一般鍋との保温性能比較

●室温20℃において、フタ下端まで熱湯を満たし、湯温が95℃の時点から測定した実測値。
注:保温容器のフタを開けずに放置した場合です。保温容器のフタを開けたり、調理鍋の中身が少ない場合は、グラフに示す保温性能が発揮できず、冷めやすくなります。

シャトルシェフのメリット シャトルシェフのメリット

余熱のチカラでじっくり煮込むシャトルシェフには、メリットがいっぱいです。

ゆとりの時間が
生まれます。

短時間加熱した後、保温容器に入れるだけなので、コンロにつきっきりの必要がありません。

素材のおいしさを
活かします。

余熱のチカラで煮込むので煮崩れ、焦げ付き吹き零れの心配が無く、じっくりと味がしみ込んでいきます。また素材の風昧や香りを逃しません。

安全で安心、
そして経済的です。

保温中は火を使わないので、小さなお子様のいるご家庭でも安心。しかもガス代・電気代の節約になります。

料理をそのまま
保温できます。

シャトルシェフは高い保温力を持っているので、食事時間がバラバラのご家庭でも、できたてのおいしさが楽しめます。

シャトルシェフのしくみと構造 シャトルシェフのしくみと構造

シャトルシェフは、沸とうした熱を魔法びんのようにしっかり閉じ込めるからその余熱で煮込むことができるのです。

※写真はKBF-3001/トマト(TOM)です。

基本の料理手順 基本の料理手順

調理を始める前に、必ずお読みください。

レシピの分量を増減する場合は、材料とともに水、だし汁、調味料なども同じ割合で増減してください。ただし、次の3点にご注意ください。

  • 分量を減らすとき

    材料が煮汁に十分ひたるようにしてください。また、分量は最低2人分以上としてください。

  • 分量を増やすとき

    材料などが調理鍋の8分目を超えないようにしてください。

  • 調理時間は変わりません

    分量を変えても、「沸とう調理時間」、「保温調理時間」は変わりません。

基本の手順

  • 調理鍋を保温容器から取り出し、材料を入れて火にかけます。

    煮汁は、たっぷり多めに

    材料が煮汁にひたっていないと、味がしみ込みません。煮汁は材料すべてがひたるように、入れましょう。

  • 沸とうしたら、調味料を入れて味つけし、加熱を続けます。この時間を「沸とう調理時間」と呼びます。

    材料の大きさで、調理時間を調節

    大きめの材料を使うときは、火が通るのに時間がかかるので、レシピに記載されている沸とう調理時間や保温調理時間より、少し長めにしましょう。

    味つけは、できあがりのお好みで

    保温調理中は鍋を火にかけないので、煮詰まって味が濃くなることはありません。最初の味つけができあがりの味になるので、薄めにせず、好みの味で調味しましょう。また、保温調理後に、煮詰めたり、調味料を加えたりしてお好みの味に仕上げることもできます。

    この間に材料のすべてに、十分な熱を与えます。

  • 沸とう調理時間が終わったら、調理鍋を火からおろして保温容器に入れ、所定の時間そのままにします。この時間を「保温調理時間」と呼びます。

    保温調理中は、フタを開けない

    保温調理中は、調理鍋のフタと保温容器のフタを両方とも閉めましょう。保温調理中に何度もフタを開けると、料理の温度が下がり、調理できなくなります。このような場合は、もう一度調理鍋を火にかけ、沸とうさせてから保温容器に入れ直してください。

    この間に保温容器の高い保温力で、
    じっくり煮込みます。

  • 保温調理時間が過ぎたら、調理は完了です。

    保温調理時間は、最低必要時間

    保温調理時間を超えても保温容器に入れておくと、保温機能によって料理はさらに煮込まれていきます。「保温00分以上」と記載されているレシピは、所定時間を超えても、できあがりのおいしさを保つことができる料理です。めん類などゆで時間が決まっている料理は、煮すぎないように調理後すぐに取り出しましょう。

    保温時間が長くなったら、再加熱

    長時間(4人分で8時間以上)保温するときは、腐敗を避けるため、再度火を通しましょう。分量が少ないときは、保温力が低下するので、早めに再加熱してください。
    寒冷地では、火の通りが不十分なときがあります。このようなときには、もう一度加熱を行いましょう。

    おいしくできあがりました。

調理鍋

200Vの電磁調理器
(IHクッキングヒーター)もOK!

●どんな熱源にも使用できます。
●調理鍋の底面は、熱が伝わりやすく焦げつきにくい厚底設計。

●調理鍋は、200VのIHクッキングヒーター対応です。もちろん、ガス、電気、電磁調理器やハロゲンヒ-ター、シーズヒーター、ラジエントヒーターでも使用できます。

  • ガス

  • 電気プレート

  • 電磁調理器

  • ハロゲンヒーター

  • シーズヒーター

  • ラジエントヒーター

保温容器

熱を伝えない真空断熱層

ステンレス製魔法びん構造で高い保温力