THERMOS

インフォメーション

製品その他のリリース

火からおろして余熱で煮込む!!保温調理で人気のシャトルシェフ
調理鍋のふっ素コーティング加工で、こびりつきにくく使いやすくなりました!
『サーモス 真空保温調理器シャトルシェフ(KBJ-3000/4500)』 2017年9月1日(金) 新発売

魔法びんのグローバル企業として、人と社会に快適で環境にもやさしいライフスタイルを提案するサーモス株式会社(本社:東京都港区 社長:中條啓一郎)は、ステンレス製魔法びんの高い保温力を生かし、余熱でじっくり煮込む『サーモス 真空保温調理器シャトルシェフ(KBJ-3000/4500)』を、2017年9月1日(金)より新発売いたします。

『サーモス 真空保温調理器シャトルシェフ』は、調理鍋に材料を入れ、短時間煮立て保温容器に入れるだけで「保温調理」ができる調理器です。ステンレス製魔法びんと同じ高い保温力を持つ保温容器が、調理鍋ごと料理を高温に保ち、焦げ付きや煮崩れなく、とろ火にかけたようにじっくり煮込みます。保温調理中はガスや電気を使用しないので、コンロにつきっきりの必要がなく、省エネ&手間短になると、幅広い方にご愛用いただいています。

サーモス 真空保温調理器シャトルシェフ(KBJ-3000/4500)

今回の新製品は、3層ふっ素コーティング加工の調理鍋を採用。こびりつきにくく、お手入れも簡単。調理鍋は強化ガラスのフタを採用し、調理中にも中が見えるようになりました。サイズは3~5人用の2.8Lと、4~6人用の4.3Lの2サイズ。カラーは明るいキッチンに合うオレンジと、シックなブラックの2色展開です。

KBJ-3000 BK:ブラック、OR:オレンジ
KBJ-4500 BK:ブラック、OR:オレンジ
3層ふっ素コーティング加工でこびりつきにくく、お手入れ簡単!
調理中でも中が見える!熱が伝わりやすい厚さ2.9㎜の底 はり底(ステンレス鋼)含む

■使用方法

①加熱する
調理鍋を加熱し、所定時間沸とうさせる。

②入れる
保温容器に入れフタを閉め、あとはシャトルシェフにおまかせ。

③保温調理中
つきっきりの必要がないのでゆとりの時間が生まれます。

④できあがり
所定時間でできあがり。

【カレー・シチューの場合】

火を使わない省エネ
  • ■できあがりまでの時間は同じ
  • ■火にかける時間は約1/3
  • だから省エネ・経済的
  • ■コできあがりまでの時間は同じ
  • ■火にかける時間は約1/3
  • だから省エネ・経済的

●保温調理とは

保温調理とは、短時間火にかけた後に保温し、余熱のチカラで食材に火を通す調理方法。調理に関わる時間とエネルギーが節約できる上、煮崩れなく素材本来の旨味を生かします。忙しい現代だからこそ、時間を節約できる「保温調理」が便利です。

●シャトルシェフのメリット

  • ■コンロに付きっきりの必要がなく、ゆとりの時間が生まれます。
  • ■余熱のチカラでじっくり煮込むので、素材のおいしさを生かします。
  • ■保温中は火を使わないので、安全で安心、そして経済的です。
  • ■魔法びん構造の高い保温力で、料理をそのまま保温できます。

■ 『サーモス 真空保温調理器シャトルシェフ(KBJ-3000、KBJ-4500)』の仕様一覧

品番 KBJ-3000
JANコード(4562344)
BK:ブラック 360852
OR:オレンジ 360869
希望小売価格(税抜) 18,000円
調理鍋容量(L) 2.8
調理鍋最大内径(cm) 19.5
本体寸法/幅×奥行×高さ(約cm) 30×24×19
本体重量(約kg) 2.3
品番 KBJ-4500
JANコード(4562344)
BK:ブラック 360876
OR:オレンジ 360883
希望小売価格(税抜) 20,000円
調理鍋容量(L) 4.3
調理鍋最大内径(cm) 19.5
本体寸法/幅×奥行×高さ(約cm) 30×24×24
本体重量(約kg) 2.6