ビール&ハイボールにぴったり! ぐっち夫婦の「夏のおつまみ2品」

キンキンに冷えたお酒が一段とおいしい夏がやってくる! サーモスの保冷缶ホルダーは、缶ドリンクをおいしい温度のまま長時間キープしてくれます。日頃から保冷缶ホルダーを愛用しているという料理家・ぐっち夫婦のTatsuyaさんとSHINOさんに、ビールとハイボールによく合うおつまみ「鶏むね肉で作る!スティックカレーチキン」と「タコとじゃがいもオクラのガーリックオイル炒め」を教わります。

この記事をシェアする

Facebook twitter LINE

<プロフィール>
ぐっち夫婦
夫・Tatsuyaさん、妻・SHINOさんによる料理ユニット。「日々の暮らしを楽しく美味しく。ちょっとおしゃれに」をモットーに、食を通して日々の楽しみや喜びを届けるべく、夫婦ふたりで料理家として活動する。各種メディアの記事執筆、レシピ開発、動画制作、イベント登壇など、幅広く活躍中。
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCz9uBd3keJnuXcQHpskEDyg

おつまみ本『お疲れ、乾杯。今夜は家呑み』(KADOKAWA)を手がけるなど、お酒好きで知られるぐっち夫婦。引っ越したばかりだという自宅にある大きなガラス扉の棚には、クラフトビールやウイスキー、ジン、日本酒といったお酒がズラリ。

▲ぐっち夫婦の自宅の棚に並ぶお酒たち。誕生日のお祝いにプレゼントされたものが多いそう
SHINOさん
SHINOさん

我が家にはいろんな種類のお酒があるんです。日頃から料理に合うお酒を選びながら、友人やお客さんと一緒にリビングで乾杯する時間を楽しんでいます。

うんうん。それぞれのお酒に思い出があるよね。お酒を片手に、家族や仲間と過ごす時間が好きなんです。

Tatsuyaさん
Tatsuyaさん
▲大好きなお酒について語るTatsuyaさん
SHINOさん
SHINOさん

ぐっちさん(Tatsuya)は、本当にお酒が好きなんですよ。家でお酒を楽しむからこそ、好みの料理と一緒に合わせられるのもいいよね。

そうそう。こないだは、実山椒で作る麻婆豆腐をビールと合わせたりして。最高だったなぁ!

Tatsuyaさん
Tatsuyaさん

そんなお酒も楽しむぐっち夫婦だからこそ、サーモスの保冷缶ホルダーとの出会いも必然だったようです。

▲ぐっち夫婦が愛用しているサーモスの保冷缶ホルダー

サーモスの保冷缶ホルダーを使い始めたのは、5〜6年前かな。僕はキャンプが大好きなんですけど、そこに友人が持ってきていて。はじめて使ったとき、その保冷具合に感動しましたね。それ以降、キャンプに行くときは、1人1個マイ保冷缶ホルダーを必ず持参するのがテッパンですね。

Tatsuyaさん
Tatsuyaさん
SHINOさん
SHINOさん

私は何かの懸賞で当選していただいたんですよね。それで使い始めたんですけど、上部のゴムが缶をしっかりホールドして滑りにくいし、缶に結露した水滴が滴らないからコースターもいらない。家呑みにもぴったりだなと思いました。いろいろなカラーリングのものがあるから、プレゼントにもいいなって。

▲サーモスの保冷缶ホルダーとの出会いを振り返るぐっち夫婦

キャンプでもお家でも、サーモスの保冷缶ホルダーでお酒を楽しんでいるというぐっち夫婦。今回は、2人が普段からよく飲むというビールとハイボールに合うおつまみ2品を伝授していただきます。

▲カレーのいい香りで、おかずにもおつまみにもなるボリュームのある一品

ほろ苦いビールには、スパイシーなカレー風味がよく合います。鶏むね肉の繊維を断つようにカットすると、やわらかい食感が楽しめますよ。フライパンにお肉を並べたら、軽く焦げ目がつくまでは動かさず、衣がしっかりと残るように焼き上げてくださいね。

Tatsuyaさん
Tatsuyaさん
  • 鶏むね肉…1枚(約300g)
  • リーフ野菜…適量
  • 酒…大さじ1
  • 塩…適量
  • こしょう…適量
  • カレー粉…小さじ1
  • 片栗粉…大さじ2
  • 油…大さじ2~3
  • マヨネーズ(お好み)…適量
【1】鶏むね肉はスティック状に切り、酒、塩、こしょうを振る。
【2】ポリ袋に片栗粉とカレー粉を入れて混ぜたら、水気を切った鶏むね肉を加えて軽く揉み込む。
【3】フライパンに油を入れて中火で熱し、軽く焦げ目がついたらひっくり返す。両面を焼く。
【4】リーフ野菜を添えたお皿に盛ったら出来上がり! お好みでマヨネーズにディップして召し上がれ。
▲野菜とタコ、それぞれの食感が楽しい
SHINOさん
SHINOさん

素材の味を生かしたシンプルな味付けなので、スッキリした飲み口のハイボールにぴったりです。タコはプリッとした食感も楽しんでいただきたいので、最後にさっと炒めるだけでOKです!

  • タコ(生食用)…200g
  • じゃがいも(男爵使用)…2個
  • オクラ…3本
  • にんにく…ひとかけ
  • オリーブオイル…大さじ2
  • 塩…少々
  • こしょう…少々
【1】皮をむいたじゃがいもとタコは一口大に、オクラは塩をまぶしてすりこみ、斜め切りにする。にんにくはみじん切りにしておく。
【2】さっと洗ったじゃがいもは、耐熱皿に入れてふんわりとラップをし、電子レンジ600Wで3〜4分加熱する。つまようじを刺してすっと入るくらいのやわらかさが目安。
【3】フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で熱し、香りが出てきたら、じゃがいも加える。じゃがいもに焼き色がついたら、中火にして、オクラを合わせる。野菜に火が通ったらタコを入れてさっと炒める。
【4】塩・こしょうで味を整え、お皿に盛ったら完成!

フライパンで材料を炒めるだけで、あっという間に出来上がった「鶏むね肉で作る!スティックカレーチキン」と「タコとじゃがいもオクラのガーリックオイル炒め」。早速、ぐっち夫婦に実食していただきます!

SHINOさん
SHINOさん

「タコとじゃがいもオクラのガーリックオイル炒め」からいただきます。うんうん、シンプルな味付けだからこそ、素材の味わいを楽しめておいしい。ハイボールとの相性もバッチリです!

では、僕は「鶏むね肉で作る!スティックカレーチキン」を。ビール×カレーは間違いないですね。ビールも冷え冷えでたまりません。

Tatsuyaさん
Tatsuyaさん
▲ハイボールを味わうSHINOさん
▲冷えたビールを味わうTatsuyaさん
SHINOさん
SHINOさん

本当にずっと冷え冷え。きっと、お酒好きな人が開発したんでしょうね。って、ぐっちさん撮影そっちのけで楽しんでる(笑)

撮影でお酒が飲めるなんて、幸せな1日です。

Tatsuyaさん
Tatsuyaさん
SHINOさん
SHINOさん

今回作った2品は、手軽なのにおつまみにもおかずにもなります。お酒好きな方も、そうでない方も、ぜひ作ってみてください。

▲さっと作れるおいしいレシピをありがとうございました!

お酒が好きなぐっち夫婦おすすめのおつまみ「鶏むねで作る!スティックカレーチキン」と「タコとじゃがいもオクラのガーリックオイル炒め」。

サーモスの保冷缶ホルダーでよく冷えたビールとハイボールと一緒にぜひ楽しんで。

撮影:小野奈那子
編集:ノオト

船橋麻貴

船橋 麻貴

ふなばし・まき

雑誌やWEB、広告などで執筆中。生涯の目標に締切厳守を掲げるものの、いろいろ遅れがちな人生。特技は暴飲暴食と思いつき旅。焼き菓子&パン1年生。

この記事をシェアする

Facebook twitter LINE

PLUS THERMOS おすすめの商品