企業理念・ブランドコンセプト

企業理念

人と社会に快適で
環境にも
やさしいライフスタイルを提案します

豊かで快適な生活を追求することは、時として環境を犠牲にします。
私たちは「利便性」と「環境保護」を両立させることを使命と考え、
保有する断熱技術をはじめとした様々な技術と創造力で省エネルギーに貢献するとともに、
快適なライフスタイルを実現する新しい価値を提供してゆきます。

ブランドコンセプト

コンセプトは「サーモスマジック」

魔法びんのパイオニアとして守り育ててきた断熱技術と、
ユニークな生活快適発想を柔軟に組みあわせ、
もっとおいしく、パッと便利で、ほっとここちよい、夢ある暮らしを創造します。

そのためにもおいしさの違い、便利さの違い、発想の違いをお客様が「なるほど!」と実感できるオンリーワン商品であることにこだわり続けます。
そして、人々の健康な暮らしに貢献する企業として、環境や社会と誠実に関わりながら、もっと、ずっと愛されるサーモスを目指します。

ブランド憲章

活動内容

サーモスは、世界が認める独自の断熱技術を活かし、毎日の暮らしから未来の生活まで、さまざまな便利や快適、そして安心を提案していきます。

サーモスの使命

断熱技術のスペシャリストとして、いつでもどこでも、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく。おいしさと便利さを生みだし、省エネルギー且つ環境にもやさしい、断熱技術の魅力を世の中に伝えていきます。

組織のあり方

サーモスは社会と積極的に関わり、より豊かで快適な生活提案を積極的に行う、健やかで明るい組織をめざします。

サーモス社員のあり方

サーモス社員は、一人一人がこだわりのある生活を楽しみ、その実感の中から暮らしに新しい変革をもたらすアイデアを発想し、キラリと光る新商品を具現化します。

お客様への姿勢

サーモスは製品を通し、暮らしの夢を拡げるお手伝いをします。そのためにも機能・デザイン・コンセプト・環境面において、お客様にご満足いただけるクオリティを追求します。

サーモス ブランドのあり方

飲食のスタイルを変えることから、暮らしを変えてきたサーモス。これからも毎日がちょっと楽しくなる、生活関連グッズを提供していきます。

サーモスグループ行動規範

1.総則

国内外の法令を遵守することはもとより、社会規範を尊重し、良識ある企業活動を心がけます。

2.社会との関係

各種業法の遵守

取扱い商品・サービスに関わる関係業法を遵守し、許認可取得および届出等の手続きを確実に実行します。

寄付行為・政治献金規制

贈賄・利益供与や違法な政治献金はもとより、政治・行政との癒着と誤解されるような行動は厳に慎み、健全かつ透明な関係作りに努めます。

反社会勢力との関係断絶

反社会的勢力には毅然として対応し、一切関係を持ちません。また、反社会的勢力などから不当な要求を受けた場合、毅然とした態度で接し、金銭などを渡すことで解決を図ったりしません。

環境保全・保護

環境意識の向上を図り、省エネルギー、廃棄物の削減、リサイクルの推進等、企業活動の全領域で環境との共生に努めます。

安全保障貿易管理

すべての輸出取引に関して、取引先の概要および事業内容を充分に確認し、輸出貨物・技術が大量破壊兵器の開発・製造等に用いられないことを確認します。

3.顧客・取引先・競争会社との関係

製品の安全性

(1)製品の製造、開発、輸入、保管、販売、輸送、輸出、補修、修理等にあたっては、常に安全性に留意し、製品の安全に関する法律および安全基準を充分に理解し、これを遵守するとともに、より高度な安全性を目指します。
(2)製品の安全性に関する情報を入手した場合、直ちに事実関係を確認します。また、問題があることが判明した場合には、関係部署に連絡し、適切な対応をとります。

独占禁止法の遵守

いかなる状況であってもカルテルや談合など独占禁止法違反となるような行為を行わず、公正で自由な企業間競争を行います。

接待・贈答

公務員またはこれに準じる者に対する接待・贈答は行いません。取引先への接待・贈答を行う場合は、社会的な常識の範囲内とします。

購入先との適正取引、下請法の遵守

購入先との取引においては、良識と誠実さをもって接し、公平かつ公正に扱います。

4.株主・投資家との関係

経営情報の開示

株主・投資家等に対して、当グループの財務内容や事業活動状況等の経営情報を適確に開示するとともに、会社の経営理念・経営方針を明確に伝え、それらに対する意見・批判を真摯に受け止めます。

インサイダー取引の禁止

業務遂行上、当グループや取引先の内部情報を知った場合には、その情報が正式に公表されるまでは、それらの会社の株式等を売買しません。当グループや業務上関係ある会社の株式を購入する際には、あらかじめ内部情報の有無を確認します。

5.社員との関係

人権尊重・差別禁止

常に健全な職場環境を維持することに努め、各自の人権を尊重し、差別につながる行為は一切行いません。

セクシャルハラスメント

性的嫌がらせはもとより、他人に性的嫌がらせと誤解されるおそれのある行為は厳にこれを慎みます。

プライバシーの保護

業務上知りえた社員および社外の個人の情報については、業務目的のみに使用し、厳重に管理します。また、外部に情報が漏洩しないように厳重に管理します。

職場の安全衛生

安全の確保を最優先にし、また業務上の安全衛生に関する法令等を理解し、これを遵守します。万一、業務上の災害が発生した場合は、事故を最小限に止め、また、再発を防止するため、即時報告等所定の手続きを確実に実施します。

労働関係法の遵守

労働関係法を遵守し、働きやすい健康な職場環境の維持に努めます。

6.会社・会社財産との関係

就業規則の遵守

社員は常に就業規則を遵守します。

適正な会計処理

会計処理にあたっては、関係法令や社内規則に従って正確に処理します。虚偽または架空の記載を行ったり、簿外の資産を築いたりしません。

利益相反取引の禁止

会社と利害関係の対立を起こすような活動に関わらないようにします。

企業秘密の管理

企業秘密は適切に管理し、会社に無断で社外に開示・漏洩しません。退職後も同様といたします。

会社資産の適切な使用

個人的な目的で会社の資産や経費を使用しません。

情報システムの適切な使用

会社の情報システムは業務のためのみに使用し、個人的な目的のために使用しません。会社の情報システムに関わるIDやパスワードは厳重に管理し、社外への漏洩を防ぎます。

知的財産権の保護

会社の知的財産権は、重要な会社資産であることを認識し、これらを適切に利用し、その権利の保全に努めます。コンピューターソフトの無断コピーなど他者の知的財産権を侵害するような行為は行いません。