魚介のハーブボイル

袋調理で手軽に作れる!まるでレストランのような贅沢な味わいのメインディッシュ。

沸とう 8分
保温 30分
材料4~6人分
生鮭 500g
香草(タイムやディルなど) 適量
A
あさり(砂抜きしておく) 15個
玉ねぎ(5mm幅の輪切り) 1/4個
タイム 2本
1カップ
オリーブ油 大さじ1
小さじ1/2
ソース
生クリーム 1/2カップ
ミニトマト(縦半分に切る) 10個
コンスターチ 小さじ1
砂糖 少々
小さじ1/2
こしょう 適量
ジッパー付き厚めのポリ袋 2枚

このレシピで使用する製品

作り方
  • 鮭に塩小さじ2/3(分量外)をふり、5分間程置き、出てきた水分をペーパータオルで拭き取る。

  • ジッパー付き厚めのポリ袋に鮭とAの材料をすべて入れ、空気を抜きながら口を閉じる。

  • 別のポリ袋にソースの材料を入れてよく混ぜ、口を閉じる。

  • 調理鍋に鍋の半量程の水(分量外)を入れて火にかけ、沸とうしたら火を弱め、2つの袋を同時に入れフタをし、8分間加熱する。保温容器に入れ30分間保温する。

  • 皿に鮭とAの具を盛り、ソースをかけて完成。香草を添える。

おいしく仕上げるコツ

・魚は必ず下処理する
 調理前に塩をふり、水分と生臭さをペーパータオル等で拭き取るようにする。
・コーンスターチはよく混ぜる
 コーンスターチはダマになりやすいのでしっかりと混ぜ合わせるよう注意する。
・袋の取り扱い
 加熱した調理鍋は大変高温になっており、直に袋が触れると破けやすいため注意する。
ONE POINT
魚は、白身魚でもおいしく作れます。