丸ごと鯖缶と島豆腐の青ねぎ鍋

時短で簡単!サバ缶レシピ

沸とう 5分
保温 10分
再保温 1分
エネルギー 501kcal/1人分
材料4人分
鯖水煮缶 2缶(1缶200g)
島豆腐(硬めの木綿豆腐でも可) 1丁
新ごぼう 200g
しめじ 100g
水菜 100g
ごま油 大さじ1
九条ネギ(青ネギ) 200g
しょうが(すりおろし) お好みで
すだちなどの柑橘 お好みで
A
だし汁 500ml
80ml
しょうが(すりおろし) 20g
ピーナツバタークリーム(練りゴマでも代用可) 大さじ2
味噌 大さじ3
砂糖 大さじ1
ごま油 小さじ2

このレシピで使用する製品

作り方
  • 島豆腐は食べやすい大きさに切る。しょうがはすりおろす。九条ネギは小口切りにして茎の部分と緑の部分に分けておく。しめじは石づきを落として小房に分けておく。水菜は洗って根を落とし、食べやすい長さに切る。新ごぼうは水洗いして、皮ごとピーラーで8~10cmの長さの帯状に切る。材料Aを混ぜ合わせておく。

  • 調理鍋にごま油をしき、九条ネギの茎の部分と新ごぼうを中火で軽く炒める。全体に油が回って香りが立ってきたら火を止める。

  • 調理鍋の中の新ごぼうを左半分に寄せ、空いた部分に水菜、しめじ、島豆腐を詰めて入れる。最後に鯖缶を汁ごと入れ、材料Aを注ぎいれて中火にかける。

  • フタをせず、沸とうしはじめたら弱火にして5分加熱したらフタをして火を止める。

  • 調理鍋を保温容器に入れて10分保温調理する。

  • 所定の時間が経過したら、残りの九条ネギを加えて1分間再保温する。

  • お好みで、おろししょうがとすだちなどを加えると爽やかさが増す。

料理家のご紹介

フードコーディネーター鈴木 麻水(すずき まみ)

フードコーディネーター鈴木 麻水(すずき まみ)

桑沢デザイン研究所を卒業後、デザイン事務所経て独立。広告撮影の現場に立つうちに自然と食に携わるように。
赤堀料理学園フードコーディネーター科で学び、レシピ開発からテーブルコーディネートまで、食材や料理の美味しさをビジュアルで伝える仕事に従事している。

桑沢デザイン研究所を卒業後、デザイン事務所経て独立。広告撮影の現場に立つうちに自然と食に携わるように。
赤堀料理学園フードコーディネーター科で学び、レシピ開発からテーブルコーディネートまで、食材や料理の美味しさをビジュアルで伝える仕事に従事している。