主役は玉ねぎ!ごろっと玉ねぎ牛皿

レシピの主役はズバリ玉ねぎ!
煮崩れしないシャトルシェフなら、簡単に煮込めて柔らかに。ごろっと玉ねぎに、お肉の旨味がギュッっと染みこんだ牛皿です。

沸とう 18分
保温 20分
エネルギー 294Kcal/1人分
材料4人分
牛薄切り肉 300g
玉ねぎ(中~小)(新玉ねぎでもおいしくできます) 3個
干し椎茸 2枚
椎茸の戻し汁 600ml
A
薄切り生姜(すりおろし生姜でもOK) 15g
鰹だしの素 大さじ1/2
昆布だしの素 大さじ1/2
大さじ3
みりん 大さじ3
砂糖 大さじ1
しょうゆ 大さじ6
青ねぎ 適宜
糸唐辛子 適宜
紅生姜 お好み
お好み

このレシピで使用する製品

作り方
  • 玉ねぎは上下を切り落として皮をむき、外側の厚い部分を1,2枚外し、外した部分は薄切りにする。玉ねぎ本体は横に2つに切る。青ネギは小口切りにする。干し椎茸を600mlの水で戻す。戻した椎茸は薄切りにし、椎茸の戻し汁は取っておく。牛肉は食べやすい大きさに切り、ボウルに牛肉と[材料A]を入れ漬け込んでおく。

  • 調理鍋に2つ切りにした玉ねぎを並べ、薄切りにした玉ねぎと干し椎茸、椎茸の戻し汁を加え、フタをして中火にかける。沸とうしたら火をやや弱めて15分程煮る。

  • 漬け込んでおいた牛肉と漬け汁を加える。フタをせずに沸とうしたらアクを取る。アクを取り終えたらフタをして3分加熱し火を止める。

  • 調理鍋を保温容器にセットして、20分保温調理する。(玉ねぎが大きい場合や所定の時間を経過しても柔らかさが足りない時は、お好みで保温時間を延長してください。)
    所定の時間が経過したら、皿に牛肉を盛り付け中心に玉ねぎを盛り付ける。

  • 仕上げに青ねぎと糸唐辛子をトッピングし、紅生姜と生卵を添えて出来上がり。お好みで生卵に付けてお召し上がりください。

ONE POINT
残った汁には旨味がたっぷり!麺つゆと水をたして、肉うどんのつゆとしても美味しくいただけます。

料理家のご紹介

フードコーディネーター鈴木 麻水(すずき まみ)

フードコーディネーター鈴木 麻水(すずき まみ)

桑沢デザイン研究所を卒業後、デザイン事務所経て独立。広告撮影の現場に立つうちに自然と食に携わるように。
赤堀料理学園フードコーディネーター科で学び、レシピ開発からテーブルコーディネートまで、食材や料理の美味しさをビジュアルで伝える仕事に従事している。

桑沢デザイン研究所を卒業後、デザイン事務所経て独立。広告撮影の現場に立つうちに自然と食に携わるように。
赤堀料理学園フードコーディネーター科で学び、レシピ開発からテーブルコーディネートまで、食材や料理の美味しさをビジュアルで伝える仕事に従事している。