ピザ風米粉パン

少しコツがいりますが、米粉を選べば普通のパンよりも簡単に作れます。
フライパンで発酵させ、片面焼き、仕上げはオーブンで焼く。フライパンとオーブンの良いとこ取りです。

(取っ手のとれるフライパン/保温カバー・オーブン使用)

材料28㎝のフライパン 6人分
A
米粉 300g
砂糖 大さじ1
ドライイースト 6g
4g
菜種油 20g
お湯 240g
ピーマン 2個
玉ねぎ 1/2個
コーン 70g
ウインナーソーセージ 5本
ケチャップ 大さじ4
溶けるチーズ 100g
マヨネーズ 大さじ2
ドライパセリ 小さじ1/2

このレシピで使用する製品

下準備
  • ピーマンは薄い輪切り、玉ねぎは繊維に沿う薄切り、ウインナーソーセージは斜め1cmに切る。お湯を40度程度に温める。

作り方
  • ボウルにAを入れて泡立器で混ぜる。

  • 1にお湯と菜種油を入れてゴムべらで30回程度混ぜ、生地がトロッと文字が書けるくらいにする。

  • フライパンにオーブン用シートを敷き2の生地を流し入れる。フタをして弱火で30秒加熱する。

  • フライパンを木製プレートにおき、取っ手をはずし保温カバーをかぶせ、生地が1.5倍くらいの大きさに膨らむまで約20分、一次発酵する。

  • 4をフタをして弱火で12分焼く。

  • ケチャップ、ピーマン、玉ねぎ、コーン、ウインナーソーセージをのせ、さらにマヨネーズ、溶けるチーズをのせる。200度に予熱したオーブンで10分焼く。仕上げにドライパセリを散らす。

ONE POINT
・グルテンのない米粉でパンを作るので米粉の種類がポイントになります。米粉が違うと使用するお湯の量が変わってくるので増やしたり減らしたり様子を見ながら調整してください。
・おすすめは熊本製粉の製パン用の米粉です。共立食品の製菓用の米の粉や、群馬製粉のリファリーヌでも作れます。その場合は使用するお湯の量が変わってくるのでトロトロの生地になるように水分量を調整してください。
・一次発酵の膨らみが足りない場合は、再度弱火で30秒加熱後、保温カバーをかぶせて追加発酵する。

料理家のご紹介

高橋ヒロ

高橋ヒロ(米粉専門教室「hiro-cafe」主宰 / 料理家・フードコーディネーター)

大学を卒業後IT企業に勤務するかたわら本格的に料理の勉強を始め、フードコーディネーターとして独立。
食育、特に米粉の活用に取り組み、米粉関連の活動に専念。常に満席が続く米粉教室を開催中。
現在は書籍、雑誌、企業のレシピ開発、商品開発、飲食事業コンサル、講演を中心に活動中。

大学を卒業後IT企業に勤務するかたわら本格的に料理の勉強を始め、フードコーディネーターとして独立。
食育、特に米粉の活用に取り組み、米粉関連の活動に専念。常に満席が続く米粉教室を開催中。
現在は書籍、雑誌、企業のレシピ開発、商品開発、飲食事業コンサル、講演を中心に活動中。