THERMOS

インフォメーション

製品その他のリリース

猛禽類医学研究所との取り組みについてのお知らせ

魔法びんのグローバル企業として、⼈と社会に快適で環境にもやさしいライフスタイルを提案するサーモス株式会社(本社:東京都港区、社長:中條啓一郎)は、北海道での猛禽類保護活動の応援を⽬的に猛禽類医学研究所との取り組みを開始する運びとなりましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.取り組み内容

猛禽類医学研究所との取り組みとして、オオワシ、オジロワシ、シマフクロウのデザインを施した「サーモス 真空断熱ケータイマグ(JNR-500IRBJ)」2種類を製造し、直営店であるサーモス スタイリングストア、およびサーモスオンラインショップにて11 ⽉1 ⽇より販売を開始します。

本製品の売上収益⾦の⼀部は、猛禽類医学研究所を通じて、オオワシ、オジロワシ、シマフクロウなどの絶滅の危機に瀕した野⽣動物の保護に使われます。

2.製品詳細

サーモス 真空断熱ケータイマグ(JNR-500IRBJ)

■仕様一覧

品番 JNR-500 IRBJ
JANコード(4562344)
TYPE-1 363938
TYPE-2 363945
販売価格(税抜) 4,500円
容量(L) 0.5
保温効力(6時間) 68度以上
保冷効力(6時間) 10度以下
口径(約cm) 4
本体寸法/
幅×奥行×高さ(約cm)
6.5×7×22
本体重量(約kg) 0.21

■製品特徴

  • ●わずか約210g の超軽量
  • ●ステンレス製魔法びん構造の⾼い保温・保冷⼒
  • ●結露せず、もれません
  • ●ワンタッチ・オープン(ロックリング付き)
  • ●お⼿⼊れ簡単
    飲み⼝を外して洗え、丸洗いOK
  • ●交換⽤部品を別売りしています

3.猛禽類医学研究所とは

猛禽類医学研究所(Institute for Raptor Biomedicine Japan)は、保全医学をテーマとして活動する診療・研究組織です。

野⽣動物は⼈間の⾔葉を話せませんが、⾃然界で今まさに何が起きているのか、私達へメッセージを発していると考えています。傷病または死体収容された個体の原因を探ることや現場で調査をすることで、環境で起きている異変や私達⼈間が与えてしまっている影響などの問題を紐解き、具体的な対策の提案と実⾏を試みています。

<活動内容>

希少種の救護、傷病原因の究明、⽣息環境の改善(環境治療)、普及・啓発、調査・研究、終⽣飼育個体の活⽤、国際交流、など

<活動拠点>

〒084-0922 北海道釧路市北⽃2-2101
環境省 釧路湿原野⽣⽣物保護センター内