THERMOS

インフォメーション

製品その他のリリース

ハードな部活や仕事に!栄養バランスが良い2000kcalのお弁当が作りやすい
大容量!約1.8Lのランチボックスが新登場!!
『 サーモス フレッシュランチボックス(DJF-1800)』 2017年12月1日(金) 新発売

魔法びんのグローバル企業として、人と社会に快適で環境にもやさしいライフスタイルを提案するサーモス株式会社 (本社:東京都港区 社長:中條啓一郎)は、大容量1.8Lタイプの『サーモス フレッシュランチボックス(DJF-1800)』を12月 1日(金)より新発売いたします。

ハードな部活生活を送る学生や体力勝負のお仕事の方など、カロリー消費が多い人にとってのお弁当は、一般的なお弁当箱のサイズでは足りず、大容量の食品用保存容器を使用している方が多くいらっしゃいます。そこで、大容量で、なおかつバランスの良いお弁当が作りやすい工夫をした『サーモス フレッシュランチボックス(DJF-1800)』を開発しました。

サーモス フレッシュランチボックス(DJF-1800)

サーモス フレッシュランチボックス(DJF-1800)

男子高校生の1日に必要なエネルギー量は約3,000 kcalです。野球やラグビーなどハードな部活で消費するエネルギー量は約1,000~2,000kcalということから1日合計5,000 kcalのエネルギー摂取が必要となります。これを1日3食+補食に割り振ると、昼食時には約2,000kcalが必要になります。(※下記参照↓)

本製品は大容量の約1.8Lのお弁当箱で、バランスの良い約2,000kcalのお弁当が作りやすいサイズ感・仕様となっています。断熱構造の専用保冷ポーチの中には容器が3つ入っており、950mlの容器にはごはん2合を、420ml容器の1つには肉・魚・卵などのたんぱく質を、もう1つの420ml容器には野菜・果物を入れると、栄養バランスの良い約2,000kcalのお弁当が作れます。また、1つの容器は朝練後に食べて残りの2つを昼食に、容器を1つ減らしてゼリー飲料などの補食を入れていただくなど、食べる量にあわせた様々な使い方も可能です。

◆製品特徴

  • 大容量 約1.8Lのたっぷりサイズ。
  • 栄養バランスの良い約2,000kcalのお弁当が作れる!
  • 断熱構造の専用保冷ポーチ付き。手洗いOK!
  • お弁当箱は食洗機対応で、お手入れ簡単。
  • ハシ、ハシケース付き。

DJF-1800は栄養バランスの良い2,000kcal弁当が作りやすい!!

バランスの良い2,000kcalのお弁当レシピを公開中!

高校のハードな部活生徒に、昼食で2000kcalを推奨する理由

男子高校生の1日に必要なエネルギー量は約3,000 kcalです。野球やラグビーなどハードな部活で消費するエネルギー量は約1,000~2,000kcalということから1日合計5,000 kcalのエネルギー摂取が必要となります。これを1日3食+補食に割り振ると、昼食時には2,000kcalが必要になります。

女子栄養大学 栄養生理学研究室
教授 上西一弘

■ 『サーモス フレッシュランチボックス(DJF-1800)』の仕様一覧

品番 DJF-1800
JANコード(4562344)
BK:ブラック 362139
希望小売価格(税抜) オープン価格
容量(ml) 1790 <容器(中)950 / 容器(小)420>
本体寸法/幅×奥行×高さ(約cm) (ポーチ含まず)16×16×11.5
本体重量(約kg) 0.6